世界の観光地検索 >> ビーチリゾート
検索結果:33件
2  3  4 

ココス島
珊瑚礁に囲まれたマリンスポーツパラダイス

グアム南端の沖合にある珊瑚礁に囲まれた小島ココス。島周辺の透き通った海にはカラフルな熱帯魚が泳ぎ、パウダーサンドのビーチは波も穏やか。遠浅のビーチでのんびり寝そべって過ごすのもいいけれど、ココスといえばマリンスポーツ! シュノーケリング、ジェットスキー、バナナボート、ダイビングとありとあらゆるスポーツにトライできる。マリンスポーツ以外にもサイクリングやジャングルツアーもOK。レストラン、シャワールーム、ロッカー、プールなどの施設も整っているので、快適に南の島の休日を過ごせそう。


ポナペ
花と緑に恵まれた神秘の遺跡が残る南の島

大小25ほどの島からなるポナペの中心はポンペイ島。年間の降雨量が多いため、花と緑があふれているという豊かな自然に恵まれた島。海もさりながら、ポンペイ一番の見どころは石造りの建物の廃虚が数多く残るナン・マドール遺跡。13世紀から14世紀まではここで人々が実際に生活していたといわれるが、ほとんどが謎に包まれたままのミステリアスな遺跡だ。その他の見どころはミクロネシア独特の文化に触れられるネット文化村など。また、エコロジーに配慮したホテルのはしりともいえる、ザ・ヴィレッジもポンペイ島にある。


マジュロ
「真珠の首飾り」と呼ばれた素朴な環礁の島

ミクロネシアの東に広がるマーシャル諸島の中心になるのがマジュロ。60あまりの小島が楕円形に並んでいるが、それぞれの島は線のように細長く、海抜もせいぜい3メートルしかない。『宝島』の作者スチーブンソンが「大平洋に浮かぶ真珠の首飾り」と言ったのもうなずける。細長く並んだ島に囲まれた内海は穏やかで、シュノーケリングにも、ダイビングにももってこい。マジュロの中心は空港のあるウリガ島。またマジュロで一番幅の広いところにあるローラ村には、1920年に日本が国際連盟から統治をまかされたのを記念した日本人記念碑がある。


ヤップと石貨銀行
ミクロネシア古来の伝統と風習が残る島

古代から使われてきた集会所が今も使用されていたり、村に掟があったり、腰ミノ姿の人を目にしたり~。ヤップは古来からの風習や文化がそのまま残る希有な島だ。石貨もそのひとつ。今も石の通貨が流通しているヤップでは、石貨は立派な財産で、ひとつひとつに所有者がいる。観光客が手軽に見学できるのは、ヤップの中心街コロニアから10分ほど歩いたところにある石貨銀行と呼ばれるエリア。小さいものから直径2メートルもあるものまで道の両側に並んでいる。また島のすべての土地に所有者がいるので、観光したいときは現地のガイドと同行を。


恋人岬
素晴らしい眺めの岬はグアムのシンボル

タモン湾の北側にある海に突き出した岬。市内観光では必ず訪れるスポットで、海抜約100メートルの断崖から見る風景は素晴らしいのひとこと。タモン湾や町並みが一望のもとに見下ろせるが、特に夕暮時は目の前に夕陽が沈むさまを見ることができ、とてもロマンチック。恋人岬という名前の由来は、チャモロ人の恋人がいた娘がスペイン人船長との結婚を親に無理強いされ、結婚式の当日ふたりで逃げたが、ついにこの岬に追い詰められ、互いの髪を結び岬から身を投げたという伝説から。


トラック諸島
世界最大級の環礁に囲まれたダイバーの楽園

周囲約200キロメートルという世界最大級の環礁の中に、大小39あまりの島が点在するトラック諸島。環礁内のため波も穏やかで別名「太平洋の湖」と呼ばれているほど。トラック諸島の中心は、空港があり、ホテルやショップが集まるモエン島。博物館や旧日本軍の砲台などの観光スポットもある。しかし、トラックといえばやはりダイビング。環礁内には墜落機や沈船が多いし、附近の水路にはサメやナポレオンフィッシュなどがやってくるので、それらを目当てのダイバーが世界中から訪れる。


バンザイクリフ
戦争時の悲劇の舞台はサイパン一の景勝地

サイパンの最北端にある岬で、切り立った断崖から下を眺めると真っ青な海に吸い込まれそうになる。かつてバンザイクリフと呼ばれたのは(現名称はプンタン・サバネタ)、太平洋戦争中、サイパンに上陸したアメリカ軍に追い詰められた日本軍の兵士や一般市民たちが「バンザイ」と叫びながら身を投げたため。その霊を慰めるため、『太平洋の塔』や供養塔も建てられている。悲劇の場所だが、今は上級者向けのダイビングスポットとして夏の間はダイバーたちで賑わう。


マニャガハ島
白砂のビーチに囲まれた島は絶好の遊び場

サイパンの中心、マイクロビーチ沖にある周囲1.5キロメートルほどの小さな無人島。本島からは船で20分ほど。珊瑚礁に囲まれているので、海の透明度はバツグンだ。もちろんビーチはさらさらのパウダーサンドで、南の楽園という言葉がピッタリ。マニャガハ島では、シュノーケルをはじめとするさまざまなマリンスポーツも楽しめる。1日過ごしても退屈しないほど、いろんな遊びが盛りだくさんだ。ショップやロッカールームなども整っているので、快適に遊べるだろう。


プララン島
島全体が植物園!

マヘ島からプロペラ機で15分。2番目に大きいこの島は島全体にほかでは見られない植物が点在しており、まさに島全体が「植物園」となっている。特に有名なのがココデメール(双子のやし)とブラックパロット(黒いオウム)。特にココデメールはその姿をみたイギリス人が、「プララン島こそエデンの園!」といったそう。なぜそう思ったのかは、実際あなたの目で確かめてみて。


ボーバロンビーチ
最後の楽園・セイシェルで最も美しいビーチ

高級ホテルが立ち並ぶビーチは「最後の楽園」セイシェルでもっとも美しいとされるボーバロンビーチ。シュノーケリングもマリンスポーツも楽しめる。



検索結果:33件
2  3  4 

世界の観光地検索 >> ビーチリゾート

E-Mail  xml
Copyright (C) 2008 世界の観光地検索 All Rights Reserved. by 総合サイト CocoaLiz

エイビーロードWebサービス panoramio