京阪本線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




淀屋橋駅  北浜駅  天満橋駅  京橋駅  野江駅  関目駅  森小路駅  千林駅  滝井駅  土居駅  守口市駅  西三荘駅  門真市駅  古川橋駅  大和田駅  萱島駅  寝屋川市駅  香里園駅  光善寺駅  枚方公園駅  枚方市駅  御殿山駅  牧野駅  樟葉駅  橋本駅  八幡市駅  淀駅  中書島駅  伏見桃山駅  丹波橋駅  墨染駅  藤森駅  深草駅  伏見稲荷駅  鳥羽街道駅  東福寺駅  七条駅  清水五条駅  祇園四条駅  三条駅  神宮丸太町駅  出町柳駅  



Wikipedia引用
丹波橋駅(たんばばしえき)は、京都府京都市伏見区桃山筒井伊賀西町にある、京阪電気鉄道京阪本線の駅。本稿では奈良電気鉄道(並びに近畿日本鉄道)との共用時代についても記す。駅番号はKH30。 京阪線の開通から2ヶ月遅れて桃山駅として開業、1923年に現在の駅名に変更された。 太平洋戦争中の1943年3月8日に奈良電気鉄道との乗り入れ準備のために駅を移設、京阪が阪神急行電鉄と合併し、京阪神急行電鉄(阪急)となった翌年の1944年8月に着工。嵐山駅(現阪急嵐山駅)のポイント・信号設備を転用して太平洋戦争終了後の1945年12月に完成。。ここに奈良電と阪急の直通運転(奈良電の一部列車はさらに近鉄へも乗り入れ、阪急 - 奈良電 - 近鉄の3社直通運転)が実現した。その後阪急が京阪と分離し、奈良電が近鉄に吸収合併され近鉄京都線となっても継続して相互直通運転を行っていた。当時は現在の2番線と4番線を奈良電の電車が使用していた。駅構内大阪側の平面交差が列車ダイヤ作成や増発の差し支えとなり、近鉄京都線の架線電圧1500V昇圧(1969年実施)と大型車導入、京阪本線ATS設置(1967年より順次実施)を契機に、1968年12月に相互乗り入れによる直通運転が廃止された。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。