名古屋ガイドウェイバスの路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




大曽根駅  ナゴヤドーム前矢田駅  砂田橋駅  守山駅  金屋駅  川宮駅  川村駅  白沢渓谷駅  小幡緑地駅  



Wikipedia引用
砂田橋駅(すなだばしえき)は、愛知県名古屋市東区にある、名古屋市営地下鉄・名古屋ガイドウェイバスの駅である。 砂田橋という駅名は、現在の砂田橋交差点付近にあった橋の名前に由来する。橋のかかっていた大幸川は、名古屋市道大幸線の拡幅整備とともに、道路下の暗渠(現大幸線南側歩道地下)となったため、砂田橋という名の橋は現存しない。駅は、旧大幸川河道に北側で隣接する。その後、昭和50年代に、住居表示の実施により、旧東区大幸町の東半分を中心とした地域に、砂田橋という町名を新設したことから、現在でも町名としては残っている。 駅近隣には、学校などの教育施設や住宅団地が数多く存在し、特に、通学の学生たちの交通拠点として重要な役割を持つ点が特徴的である。 名城線名古屋大学方面とゆとりーとライン小幡緑地方面を行き来する場合、当駅で乗り換えとなる(ただし接続は悪い)。 名古屋市営地下鉄 駅構造 相対式2面2線のホームを持つ地下駅。 当駅は、名城線東部駅務区名古屋大学管区駅が管轄している。 1・3番出口はそれぞれ名古屋高等学校・愛知教育大学附属名古屋中学校の敷地を一部削る形で設置されている。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。