名鉄広見線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




犬山駅  富岡前駅  善師野駅  西可児駅  可児川駅  日本ライン今渡駅  新可児駅  明智駅  顔戸駅  御嵩口駅  御嵩駅  



Wikipedia引用
西可児駅(にしかにえき)は、岐阜県可児市帷子新町二丁目にある名古屋鉄道広見線の駅。人口10万人の可児市西端に位置し、住宅団地が密集する地域にある。乗降客数は可児市内でもっとも多い。全列車が当駅に停車し、終点の新可児駅まで、各駅に停車する。 駅構造 相対式ホーム、2面2線の地上駅である。駅員によるアナウンスがこの地域では珍しく流れる(また、駅集中管理システム対応駅での自動放送も流れており、無人駅でありながら主要駅タイプの放送を流している豊明駅とは対照的である)。LED式簡易列車案内も設置されている。 改札口:2番ホーム側に1か所ある。終日有人駅。 エレベーター:ホーム中央に1基。 券売機など:自動券売機1機。ミューチケットや地下鉄直通の切符も購入できる。 トイレ:2番ホームの新可児寄り、改札口脇。多目的トイレは可児市内の名鉄の駅で最初に設けられた。 売店:かつては改札外にサンコスがあったが廃止された。跡地にはサンコス管轄の自動販売機が3台設置されている。 配線図 利用状況 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は5,085人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中83位、広見線(11駅)中2位であった。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。