天竜浜名湖鉄道の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




掛川駅  掛川市役所前駅  西掛川駅  桜木駅  いこいの広場駅  細谷駅  原谷駅  原田駅  戸綿駅  遠州森駅  森町病院前駅  円田駅  遠江一宮駅  敷地駅  豊岡駅  上野部駅  天竜二俣駅  二俣本町駅  西鹿島駅  岩水寺駅  宮口駅  フルーツパーク駅  都田駅  常葉大学前駅  金指駅  岡地駅  気賀駅  西気賀駅  寸座駅  浜名湖佐久米駅  東都筑駅  都筑駅  三ヶ日駅  奥浜名湖駅  尾奈駅  知波田駅  大森駅  アスモ前駅  新所原駅  



Wikipedia引用
新所原駅(しんじょはらえき)は、静岡県湖西市新所原三丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)・天竜浜名湖鉄道の駅である。 JR東海の東海道本線と、当駅を終点とする天竜浜名湖鉄道の天竜浜名湖線の2路線が乗り入れ、接続駅となっている。静岡県最西端の駅で、東海道本線においては最東端の熱海駅までの営業キロは177.8kmに及ぶ。 並行する県道3号線は駅前から200mほどで愛知県豊橋市(中原町、原町など)に至り、利用圏に含まれる。 また、JR東海の境界駅にあたり、当駅と浜松方面は静岡支社の管轄となっていて、上り場内信号機から豊橋方面が東海鉄道事業本部直轄エリアとなる。 天竜浜名湖線の前身は日本国有鉄道(国鉄)二俣線で、1987年(昭和62年)3月14日までの間、二俣線の一部列車(末期はキハ20形気動車)が豊橋駅まで直通運転を行っていた。2015年現在も、東海道本線を跨いでいた下り線のガーダー橋橋脚と築堤が残されている。但し東海道本線上を跨いでいた橋は撤去されている。 構内に県境があり、以前ホームに「県境の駅」と記された看板があった。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。