山形新幹線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




福島駅  米沢駅  高畠駅  赤湯駅  かみのやま温泉駅  山形駅  天童駅  さくらんぼ東根駅  村山駅  大石田駅  新庄駅  



Wikipedia引用
かみのやま温泉駅(かみのやまおんせんえき)は、山形県上山市矢来一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅。 当駅は奥羽本線上を走るミニ新幹線である山形新幹線の停車駅となっている。一方、奥羽本線の在来線としての愛称として「山形線」が設定されている。 上山市の中心駅である。 1901年(明治34年)2月15日 - 国有鉄道の上ノ山駅(かみのやまえき)として開業。一般駅。 1984年(昭和59年)2月1日 - 専用線発着を除く貨物の取扱を廃止。 1985年(昭和60年)3月14日 - 荷物の取扱を廃止。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、JR東日本と日本貨物鉄道(JR貨物)が継承。 1991年(平成3年)9月3日 - 日本貨物鉄道の駅が廃止され、貨物の取扱が終了。 秩父セメントの包装所へ続く専用線が駅から分岐していた。 1992年(平成4年)7月1日 - 山形新幹線福島 - 山形間開業に伴い、かみのやま温泉駅に改称。新幹線停車駅となる。 1994年(平成6年)6月25日 - 駅舎改築。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。