真岡鐵道の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




下館駅  下館二高前駅  折本駅  ひぐち駅  久下田駅  寺内駅  真岡駅  北真岡駅  西田井駅  北山駅  益子駅  七井駅  多田羅駅  市塙駅  笹原田駅  天矢場駅  茂木駅  



Wikipedia引用
下館駅(しもだてえき)は、茨城県筑西市乙にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)・真岡鐵道・関東鉄道の駅である。 乗り入れ路線 JR東日本・JR貨物の水戸線(旅客営業を行うJR東日本が第一種鉄道事業者、貨物営業を行うJR貨物が第二種鉄道事業者)、真岡鐵道の真岡線、関東鉄道の常総線が乗り入れ、接続駅かつ共同使用駅となっている。真岡線は当駅が起点、常総線は当駅が終点である。 真岡線は元々は水戸線ともども日本国有鉄道(国鉄)の路線であったため、当駅は国鉄(→JR)と関東鉄道の2社共同使用駅であった。しかし、真岡線が第2次特定地方交通線に指定され、国鉄分割民営化の1年後の1988年に真岡鐵道に転換され、3社の共同使用駅となった。 水戸線の列車はほとんどが小山 - 友部間を直通するが、上り下りとも当駅発・当駅止まりの区間列車が一部ある。真岡線では通年の土休日や長期休暇シーズンに走るSLもおかが当駅を発着する。 1889年(明治22年)1月16日:水戸鉄道 小山駅 - 水戸駅間開通と同時に開業。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。