JR上越線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




高崎駅  高崎問屋町駅  井野駅  新前橋駅  群馬総社駅  八木原駅  渋川駅  敷島駅  津久田駅  岩本駅  沼田駅  後閑駅  上牧駅  水上駅  湯檜曽駅  土合駅  土樽駅  越後中里駅  岩原スキー場前駅  越後湯沢駅  石打駅  大沢駅  上越国際スキー場前駅  塩沢駅  六日町駅  五日町駅  浦佐駅  八色駅  小出駅  越後堀之内駅  北堀之内駅  越後川口駅  小千谷駅  越後滝谷駅  宮内駅  ガーラ湯沢駅  



Wikipedia引用
土樽駅(つちたるえき)は、新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)上越線の駅である。 東京側から望むと、清水トンネルを出てすぐの位置にある。また、上越線は当駅(正確には上り線の清水トンネル高崎側出口付近)から宮内駅(信越本線と接続)までが新潟支社管轄である。 かつて上越線の敷設工事が行われた際は、この付近の難所(清水トンネル、松川ループ線)に備え、現在の土樽駅がある近くまで湯沢から延長約16kmの軽便鉄道線が敷設されていた。 1931年(昭和6年)9月1日 - 国有鉄道上越線 水上 - 越後湯沢間開通時に、土樽信号場として開業。 1933年(昭和8年)12月8日 - スキー季節中に限り、旅客営業を開始。当駅は、川端康成の『雪国』でもトンネルを出た後はじめに汽車が停車する「信号場」として登場する。実際に作品の書かれた当時は信号場であったが、冬季にはスキー客の利用を見込んで仮乗降場扱いで客扱いをしていた。 1941年(昭和16年)1月10日 - 駅に昇格、土樽駅となる。旅客駅。 1945年(昭和20年)12月15日 - 貨物の取扱を開始(一般駅となる)。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。