JR上越線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




高崎駅  高崎問屋町駅  井野駅  新前橋駅  群馬総社駅  八木原駅  渋川駅  敷島駅  津久田駅  岩本駅  沼田駅  後閑駅  上牧駅  水上駅  湯檜曽駅  土合駅  土樽駅  越後中里駅  岩原スキー場前駅  越後湯沢駅  石打駅  大沢駅  上越国際スキー場前駅  塩沢駅  六日町駅  五日町駅  浦佐駅  八色駅  小出駅  越後堀之内駅  北堀之内駅  越後川口駅  小千谷駅  越後滝谷駅  宮内駅  ガーラ湯沢駅  



Wikipedia引用
浦佐駅(うらさえき)は、新潟県南魚沼市浦佐にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。冬はスキー客、夏は奥只見湖および尾瀬方面への新潟県側の玄関口として、小出駅とともに旅行客にも利用されている。上越新幹線と、在来線の上越線の接続駅となっている。 1923年(大正12年) 9月1日 - 上越北線・越後堀之内 - 浦佐間開業の際に開設。 11月18日 - 同・浦佐 - 塩沢間が延伸開業。 1978年(昭和53年)4月 - 東口駅前広場が完成。 1981年(昭和56年)11月1日 - 現駅舎が竣工し運用を開始。 1982年(昭和57年)11月15日 - 上越新幹線・大宮 - 新潟間が開業。 1983年(昭和58年)3月 - 西口駅前広場が完成。駅レンタカー営業開始。※現在は営業終了 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化に伴い、JR東日本に継承。 2008年(平成20年)3月15日 - 「モバイルSuica特急券」のサービス開始。 新幹線駅設置の経緯 浦佐駅を中心とする大和地区は今でこそ南魚沼市の文教地区となりつつあるが、上越新幹線建設決定当時の大和町は前述のように、当時の六日町と小出町のほぼ中間点にあり、夏季と冬季の行楽シーズンを除けば人の出入りは少なく、新幹線の駅が浦佐に設けられることが決まった際には両町から異議の声が上がった。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。