JR南武支線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




尻手駅  八丁畷駅  川崎新町駅  小田栄駅  浜川崎駅  



Wikipedia引用
浜川崎駅(はまかわさきえき)は、神奈川県川崎市川崎区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。 1918年(大正7年)5月1日 - 国鉄東海道本線貨物支線の終着貨物駅として浜川崎駅が開業。 1926年(大正15年)3月10日 - 鶴見臨港鉄道の貨物駅として浜川崎駅が開業。 1929年(昭和4年)3月14日 - 鶴見臨港鉄道の貨物駅として渡田駅が開業。 1930年(昭和5年)3月25日 - 南武鉄道の貨物駅として新浜川崎駅、浜川崎駅が開業。 4月10日 - 新浜川崎間の旅客営業を開始。 10月28日 - 渡田駅の旅客営業を開始。 1943年(昭和18年)7月1日 - 鶴見臨港鉄道が国有化、路線は鶴見線となる]。渡田駅を浜川崎駅に統合し鶴見線ホームとし、浜川崎駅の旅客営業を開始。 1944年(昭和19年)4月1日 - 南武鉄道が国有化、路線は南武線となる。新浜川崎駅を浜川崎駅に統合し南武線ホームとする。 1951年(昭和26年)10月12日 - 一般車扱貨物の取り扱いを廃止にする。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。