JR南武線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




川崎駅  尻手駅  矢向駅  鹿島田駅  平間駅  向河原駅  武蔵小杉駅  武蔵中原駅  武蔵新城駅  武蔵溝ノ口駅  津田山駅  久地駅  宿河原駅  登戸駅  中野島駅  稲田堤駅  矢野口駅  稲城長沼駅  南多摩駅  府中本町駅  分倍河原駅  西府駅  谷保駅  矢川駅  西国立駅  立川駅  



Wikipedia引用
津田山駅(つだやまえき)は、神奈川県川崎市高津区下作延六丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)南武線の駅である。 1941年(昭和16年)2月5日 - 南武鉄道の日本ヒューム管前停留場として開業。 1943年(昭和18年)4月9日認可 - 駅に昇格。 1944年(昭和19年)4月1日 - 南武鉄道線が国有化。国鉄南武線の津田山駅となる。 1972年(昭和47年)3月5日 - 貨物取扱廃止。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる。 2001年(平成13年)11月18日 - ICカードSuica供用開始。 2007年(平成19年)6月22日 - みどりの窓口営業終了。 駅構造 島式ホーム1面2線を持つ地上駅である。立川方に駅舎があり、かつてはホームと構内踏切で接続されていたが、現在では跨線橋で接続されている。 武蔵溝ノ口駅管理の業務委託駅(JR東日本ステーションサービス委託)となっている。 ホームの上屋がホーム長に比較して短く、神奈川県鉄道輸送力増強促進会議(県知事・県内全市町村長・商工会議所会頭・商工連合会会頭などが構成メンバー)は延長をJRに要望している。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。