JR宗谷本線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




旭川駅  旭川四条駅  新旭川駅  永山駅  北永山駅  南比布駅  比布駅  北比布駅  蘭留駅  塩狩駅  和寒駅  東六線駅  剣淵駅  北剣淵駅  士別駅  下士別駅  多寄駅  瑞穂駅  風連駅  東風連駅  名寄駅  日進駅  北星駅  智恵文駅  智北駅  南美深駅  美深駅  初野駅  紋穂内駅  恩根内駅  豊清水駅  天塩川温泉駅  咲来駅  音威子府駅  筬島駅  佐久駅  天塩中川駅  歌内駅  問寒別駅  糠南駅  雄信内駅  安牛駅  南幌延駅  上幌延駅  幌延駅  下沼駅  豊富駅  徳満駅  兜沼駅  勇知駅  抜海駅  南稚内駅  稚内駅  



Wikipedia引用
名寄駅(なよろえき)は、北海道名寄市東1条南6丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)宗谷本線の駅。駅番号はW48。 名寄市の中心駅であり、普通列車に加え特急「スーパー宗谷」・「サロベツ」や快速「なよろ」が停車する宗谷本線の主要駅である。また、運転士の乗務はこの駅を境に稚内方面が宗谷北線運輸営業所、旭川方面が旭川運転所と担当区域が分かれている。普通列車の運転系統も当駅で同じように分かれるが、1日3往復列車番号を変えて相互に直通する列車もあり、そのうち1往復は旭川 - 稚内間の全線を走破する。 当駅は、1903年(明治36年)9月に開業した。当時は旭川方面から伸びる天塩線(宗谷本線の前身)の終着駅だった。その8年後の1911年(明治44年)11月に路線が恩根内駅まで延伸し、名寄駅は途中駅となった。1919年(大正8年)10月には下川町方面へ向かう名寄線(後の名寄本線)が開業し、同線と宗谷本線の乗換駅となった。また1937年(昭和12年)11月には名雨線が開業した。名雨線は部分開業であったが、5年後の1941年(昭和16年)に深川 - 名寄間が開業し、深名線となった。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。