JR宗谷本線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




旭川駅  旭川四条駅  新旭川駅  永山駅  北永山駅  南比布駅  比布駅  北比布駅  蘭留駅  塩狩駅  和寒駅  東六線駅  剣淵駅  北剣淵駅  士別駅  下士別駅  多寄駅  瑞穂駅  風連駅  東風連駅  名寄駅  日進駅  北星駅  智恵文駅  智北駅  南美深駅  美深駅  初野駅  紋穂内駅  恩根内駅  豊清水駅  天塩川温泉駅  咲来駅  音威子府駅  筬島駅  佐久駅  天塩中川駅  歌内駅  問寒別駅  糠南駅  雄信内駅  安牛駅  南幌延駅  上幌延駅  幌延駅  下沼駅  豊富駅  徳満駅  兜沼駅  勇知駅  抜海駅  南稚内駅  稚内駅  



Wikipedia引用
南美深駅(みなみびふかえき)は、北海道(上川総合振興局)中川郡美深町字美深にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。駅番号はW53。電報略号はミカ。 1956年(昭和31年)7月1日 - 日本国有鉄道宗谷本線の智恵文駅 - 美深駅間に南美深仮乗降場(局設定)として新設開業。旅客のみ取扱い。 1959年(昭和34年)11月1日 - 駅に昇格。南美深駅となる。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR北海道に継承。 駅構造 単式ホーム1面1線を有する地上駅。ホームは線路の北側(稚内方面に向かって右手側)に存在する。分岐器を持たない棒線駅となっている。 開業時からの無人駅で、ホーム北側の出入口から少し離れた位置に待合所を有する。鉄板張りの窓の無い建物である。出入口上部に「南美深待合所」と記載された駅銘板を掲示する。ホームは木製デッキ式で、稚内方にスロープを有し駅施設外に連絡している。トイレは無い。 駅名の由来 美深駅の南側に位置したため「南」を冠する。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。