JR宗谷本線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




旭川駅  旭川四条駅  新旭川駅  永山駅  北永山駅  南比布駅  比布駅  北比布駅  蘭留駅  塩狩駅  和寒駅  東六線駅  剣淵駅  北剣淵駅  士別駅  下士別駅  多寄駅  瑞穂駅  風連駅  東風連駅  名寄駅  日進駅  北星駅  智恵文駅  智北駅  南美深駅  美深駅  初野駅  紋穂内駅  恩根内駅  豊清水駅  天塩川温泉駅  咲来駅  音威子府駅  筬島駅  佐久駅  天塩中川駅  歌内駅  問寒別駅  糠南駅  雄信内駅  安牛駅  南幌延駅  上幌延駅  幌延駅  下沼駅  豊富駅  徳満駅  兜沼駅  勇知駅  抜海駅  南稚内駅  稚内駅  



Wikipedia引用
比布駅(ぴっぷえき)は北海道上川郡比布町西町2丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。駅番号はW34。電報略号はヒフ。 比布駅は、北海道官設鉄道天塩線(現在の宗谷本線)の永山駅 - 蘭留駅間が1898年(明治31年)11月25日に開通した際に、一般駅として開設された。初代の駅舎はこの年の8月25日に完成したもので、駅員は12名配置されていた。1934年(昭和9年)11月に母屋が改築され、2015年(平成27年)まで使用された駅舎はこの時のものであった。1953年(昭和28年)に待合室が増築され、翌1954年(昭和29年)9月5日から駅待合室内に鉄道弘済会の構内売店が設置されて、1970年(昭和45年)4月30日まで営業していた。また1955年(昭和30年)1月31日には跨線橋も完成した。 国鉄の合理化問題が取り上げられると、無人化や貨物取り扱いの廃止が進められることになり、1978年(昭和53年)12月1日には貨物の取り扱いが、1984年(昭和59年)2月1日には荷物の取り扱いが、それぞれ廃止となった。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。