JR日田彦山線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




城野駅  石田駅  志井公園駅  志井駅  石原町駅  呼野駅  採銅所駅  香春駅  一本松駅  田川伊田駅  田川後藤寺駅  池尻駅  豊前川崎駅  西添田駅  添田駅  歓遊舎ひこさん駅  豊前桝田駅  彦山駅  筑前岩屋駅  大行司駅  宝珠山駅  大鶴駅  今山駅  夜明駅  



Wikipedia引用
池尻駅(いけじりえき)は、福岡県田川郡川崎町大字池尻にある、九州旅客鉄道(JR九州)日田彦山線の駅である。 1899年(明治32年)7月10日 - 豊州鉄道の駅として後藤寺 - 川崎(現・豊前川崎)間開業にあわせて開設。 1901年(明治34年)9月3日 - 九州鉄道が買収。 1907年(明治40年)7月1日 - 国有化。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道が承継。 駅構造 島式ホーム1面2線を有し列車交換が可能な地上駅で無人駅。構内踏切で連絡している。古くからの木造駅舎があり、出札口や窓などは全て板打ちされ駅舎もやや荒れていたが、2008年に取り壊され、上屋付きのベンチが新築された。 一線スルー化されている。 以前は、周囲にあった炭鉱への引き込み線が何本か存在した。その名残で、構内は中間駅にしては広い。 駅周辺 川崎町の北部に位置する。駅の西側を県道95号線が日田彦山線に並行する形で通る。周囲は民家が多く、小さいがまとまった集落を形成している。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。