JR日田彦山線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




城野駅  石田駅  志井公園駅  志井駅  石原町駅  呼野駅  採銅所駅  香春駅  一本松駅  田川伊田駅  田川後藤寺駅  池尻駅  豊前川崎駅  西添田駅  添田駅  歓遊舎ひこさん駅  豊前桝田駅  彦山駅  筑前岩屋駅  大行司駅  宝珠山駅  大鶴駅  今山駅  夜明駅  



Wikipedia引用
添田駅(そえだえき)は、福岡県田川郡添田町大字添田にある、九州旅客鉄道(JR九州)日田彦山線の駅である。 添田町の中心駅。かつては添田線と接続していた。 もともとは小倉鉄道が後の添田線の前身にあたる東小倉 - 上添田間を開通させた際、その終点として開業させた駅である。その後、1942年(昭和17年)に日田彦山線の前身である田川線が延長された際、1.2kmほど北西の西添田駅から当駅を経由するルートで開業した。西添田 - 添田間ではあまり離れていない2点間に線路を敷いたため、区間内に急カーブが2箇所あり、また既に添田駅構内は添田線のホームや貨物の操車線でいっぱいだったため、添田駅の日田彦山線ホームは駅舎から遠く離れた位置に作らざるを得なかった。 1915年(大正4年)4月1日 - 小倉鉄道の上添田駅として開業。 1933年(昭和8年)ごろ - 彦山口駅に改称。 1942年(昭和17年) 8月1日 - 小倉鉄道が買収され国鉄線となる。添田駅に改称。 8月25日 - 田川線の西添田 - 彦山間が開通。 1960年(昭和35年)4月1日 - 香春 - 大任 - 添田を添田線として日田線から分離。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。