JR日田彦山線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




城野駅  石田駅  志井公園駅  志井駅  石原町駅  呼野駅  採銅所駅  香春駅  一本松駅  田川伊田駅  田川後藤寺駅  池尻駅  豊前川崎駅  西添田駅  添田駅  歓遊舎ひこさん駅  豊前桝田駅  彦山駅  筑前岩屋駅  大行司駅  宝珠山駅  大鶴駅  今山駅  夜明駅  



Wikipedia引用
彦山駅(ひこさんえき)は、福岡県田川郡添田町大字落合にある、九州旅客鉄道(JR九州)日田彦山線の駅である。『ひこやま』とは読まないことに注意。 次駅の筑前岩屋駅との間で旧国境を越える(当駅は豊前国、次駅は筑前国)。 1942年(昭和17年)8月25日 - 鉄道省が西添田 - 彦山間延伸に伴い田川線の駅として開設。 1945年(昭和20年)11月12日 - 二又トンネル爆発事故で駅本屋中破。 1960年(昭和35年)4月1日 - 区間分離・統合に伴い日田彦山線の所属となる。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道が継承。 駅構造 駅舎に接して単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。中線(2番線)は折返し列車専用である。 駅舎は木造の大きなものである。駅の開業と同じ1942年(昭和17年)8月に建てられたもので英彦山神宮を模して赤い柱を使用するなど、英彦山への入り口駅にふさわしく優雅なつくりであるとの評判が高い。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。