JR日田彦山線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




城野駅  石田駅  志井公園駅  志井駅  石原町駅  呼野駅  採銅所駅  香春駅  一本松駅  田川伊田駅  田川後藤寺駅  池尻駅  豊前川崎駅  西添田駅  添田駅  歓遊舎ひこさん駅  豊前桝田駅  彦山駅  筑前岩屋駅  大行司駅  宝珠山駅  大鶴駅  今山駅  夜明駅  



Wikipedia引用
宝珠山駅(ほうしゅやまえき)は、福岡県朝倉郡東峰村大字福井にある、九州旅客鉄道(JR九州)日田彦山線の駅である。 九州で唯一、プラットホームが県境をまたいでいる駅であり、ホームの3分の1が大分県、残りが福岡県にある。大分県と福岡県の境界線には東峰村の特産である小石原焼の陶板が埋め込まれている。 1937年(昭和12年)8月22日 - 彦山線夜明駅 - 当駅間の開通に伴い、開業。 1946年(昭和21年)9月20日 - 彦山線当駅 - 大行司駅間が開通。 1960年(昭和35年)4月1日 - 日田線が日田彦山線と改称し、区間を変更。 1971年(昭和46年)2月10日 - 無人化。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道が継承が山陽新幹線以外の九州地区の旅客鉄道業務を継承。 駅構造 1971年(昭和46年)2月10日から無人駅になった。 単式ホーム1面1線を有する地上駅。かつては島式ホーム1面2線だった。夜明駅側に向かって線路右側にホームが、左側に駅舎がある。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。