JR日田彦山線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




城野駅  石田駅  志井公園駅  志井駅  石原町駅  呼野駅  採銅所駅  香春駅  一本松駅  田川伊田駅  田川後藤寺駅  池尻駅  豊前川崎駅  西添田駅  添田駅  歓遊舎ひこさん駅  豊前桝田駅  彦山駅  筑前岩屋駅  大行司駅  宝珠山駅  大鶴駅  今山駅  夜明駅  



Wikipedia引用
採銅所駅(さいどうしょえき)は、福岡県田川郡香春町大字採銅所にある、九州旅客鉄道(JR九州)日田彦山線の駅である。 1915年(大正4年)4月1日 - 小倉鉄道により開業。 1943年(昭和18年)5月1日 - 小倉鉄道が戦時買収され、国鉄添田線の駅となる。 1960年(昭和35年)4月1日 - 所属路線名が日田彦山線となる。 1980年(昭和55年)10月1日 - 無人化。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR九州に承継。 2011年(平成23年)7月22日 - 駅舎の改修工事が完了。 駅構造 単式ホーム2面2線を有する地上駅。かつては2面3線であったが、中線である2番線は廃止されている。無人駅で自動券売機が設置されている。 駅舎は1915年(大正4年)の開業時以来のものである。老朽化が著しいため解体が検討されたが、保存運動により2010年9月にJR九州から香春町に無償譲渡された。香春町では駅舎を有形文化財に指定し、総工費1,000万円で2011年4月26日から7月22日にかけて改修工事を実施した。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。