JR磐越東線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




いわき駅  赤井駅  小川郷駅  江田駅  川前駅  夏井駅  小野新町駅  神俣駅  菅谷駅  大越駅  磐城常葉駅  船引駅  要田駅  三春駅  舞木駅  郡山駅  



Wikipedia引用
小川郷駅(おがわごうえき)は、福島県いわき市小川町高萩字小路尻にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越東線の駅である。 いわき方面からの一部の列車は当駅で折り返す。 かつては住友セメントの専用線が接続し、セメント原料の粘土を同社田村工場(大越駅)まで貨車で輸送していた。なおいわき市平上平窪にある粘土山から当駅までは、架空索道で運搬していた。 年表 1915年(大正4年)7月10日 - 国有鉄道の駅(一般駅)として開業。 1972年(昭和47年)10月2日 - 専用線発着を除く貨物の取扱を廃止。 1984年(昭和59年)2月1日 - チッキの取扱を廃止。 1985年(昭和60年)7月1日 - 車扱貨物の取扱を全廃。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道の駅となる。 1989年(平成元年)3月11日 - 無人化。 駅構造 島式ホーム1面2線を持つ地上駅。駅入口とホームは地下通路で繋がっている。西側にある駅舎とホームの間に側線が1本引かれている。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。