JR磐越西線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




郡山駅  郡山富田駅  喜久田駅  安子ヶ島駅  磐梯熱海駅  中山宿駅  上戸駅  猪苗代湖畔駅  関都駅  川桁駅  猪苗代駅  翁島駅  磐梯町駅  東長原駅  広田駅  会津若松駅  堂島駅  笈川駅  塩川駅  姥堂駅  会津豊川駅  喜多方駅  山都駅  荻野駅  尾登駅  野沢駅  上野尻駅  徳沢駅  豊実駅  日出谷駅  鹿瀬駅  津川駅  三川駅  五十島駅  東下条駅  咲花駅  馬下駅  猿和田駅  五泉駅  北五泉駅  新関駅  東新津駅  新津駅  



Wikipedia引用
中山宿駅(なかやまじゅくえき)は、福島県郡山市熱海町中山字早稲田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越西線の駅である。 かつては勾配型スイッチバックの駅であったが、1997年(平成9年)に中山トンネル脇の本線上に移転し、スイッチバックではなくなった。 スイッチバック時代の旧駅跡はそのまま残されており、2015年(平成27年)の「ふくしまデスティネーションキャンペーン」に際して、鉄道遺産として地元が説明看板や駅名標などの整備を行って公開した。以降、ホーム跡が見学可能になっている。 年表 1898年(明治31年)7月26日 - 仮停車場として開業。 1899年(明治32年)3月10日 - 正式な駅となる。 1963年(昭和38年) - 勾配型スイッチバックを通過不可能形から通過可能形に改良。 1971年(昭和47年)9月1日 - 貨物、荷物取り扱い廃止。運転要員のみ配置。 1983年(昭和58年)3月10日 - 磐越西線CTC化に伴い駅無人化。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。