JR磐越西線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




郡山駅  郡山富田駅  喜久田駅  安子ヶ島駅  磐梯熱海駅  中山宿駅  上戸駅  猪苗代湖畔駅  関都駅  川桁駅  猪苗代駅  翁島駅  磐梯町駅  東長原駅  広田駅  会津若松駅  堂島駅  笈川駅  塩川駅  姥堂駅  会津豊川駅  喜多方駅  山都駅  荻野駅  尾登駅  野沢駅  上野尻駅  徳沢駅  豊実駅  日出谷駅  鹿瀬駅  津川駅  三川駅  五十島駅  東下条駅  咲花駅  馬下駅  猿和田駅  五泉駅  北五泉駅  新関駅  東新津駅  新津駅  



Wikipedia引用
猪苗代湖畔駅(いなわしろこはんえき)は、福島県耶麻郡猪苗代町大字壺楊字南浜にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越西線の駅(臨時駅、休止駅)である。 夏季のみに営業する臨時駅であったが、かつては春・秋の休日にも停車したことがあった。猪苗代駅との混同を避けるため、車内放送では「湖畔駅」と呼ばれていた。2007年(平成19年)度以降は営業を行っていない。 1962年(昭和37年)7月20日から1967年(昭和42年)8月21日まで、現猪苗代湖畔駅より少し踏切よりに志田浜仮乗降場が営業していた。その後国道49号の渋滞に嫌気がさして、上戸駅や関都駅から徒歩にて志田浜湖水浴場に向かう客が増えたため、1986年3両対応のホームを設置、その後6両対応に改良されている。 当駅周辺へは、猪苗代駅より磐梯東都バスで約15分の志田浜停留所、または関都駅より徒歩約20分でアクセスできる。 1986年(昭和61年)7月20日 - 旅客取扱開始。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本に継承。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。