JR紀勢本線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




亀山駅  下庄駅  一身田駅  津駅  阿漕駅  高茶屋駅  六軒駅  松阪駅  徳和駅  多気駅  相可駅  佐奈駅  栃原駅  川添駅  三瀬谷駅  滝原駅  阿曽駅  伊勢柏崎駅  大内山駅  梅ヶ谷駅  紀伊長島駅  三野瀬駅  船津駅  相賀駅  尾鷲駅  大曽根浦駅  九鬼駅  三木里駅  賀田駅  二木島駅  新鹿駅  波田須駅  大泊駅  熊野市駅  有井駅  神志山駅  紀伊市木駅  阿田和駅  紀伊井田駅  鵜殿駅  新宮駅  三輪崎駅  紀伊佐野駅  宇久井駅  那智駅  紀伊天満駅  紀伊勝浦駅  湯川駅  太地駅  下里駅  紀伊浦神駅  紀伊田原駅  古座駅  紀伊姫駅  串本駅  紀伊有田駅  田並駅  田子駅  和深駅  江住駅  見老津駅  周参見駅  紀伊日置駅  椿駅  紀伊富田駅  白浜駅  朝来駅  紀伊新庄駅  紀伊田辺駅  芳養駅  南部駅  岩代駅  切目駅  印南駅  稲原駅  和佐駅  道成寺駅  御坊駅  紀伊内原駅  紀伊由良駅  広川ビーチ駅  湯浅駅  藤並駅  紀伊宮原駅  箕島駅  初島駅  下津駅  加茂郷駅  冷水浦駅  海南駅  黒江駅  紀三井寺駅  宮前駅  和歌山駅  紀和駅  和歌山市駅  



Wikipedia引用
紀三井寺駅(きみいでらえき)は、和歌山県和歌山市三葛(みかづら)にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)紀勢本線(きのくに線)の駅。 国鉄分割民営化前後の花見シーズンには一部の特急列車が停車したことがある。 この駅は1924年(大正13年)2月28日、国鉄紀勢西線の最初の開通区間として和歌山駅(現在の紀和駅)から東和歌山駅(現在の和歌山駅)を経て箕島駅までが開通したのと同時に国鉄紀勢西線の紀三井寺駅(きみいでらえき)として開業した。 昭和34年に三木里駅 - 新鹿駅間の開通をもって今の紀勢本線が全通、亀山駅と和歌山駅(現在の紀和駅)の間が紀勢本線となったのを受け、当駅も同線の駅となり、さらに国鉄の分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)紀勢本線の駅となり現在に至っている。 1924年(大正13年)2月28日 - 紀勢西線の和歌山駅(現在の紀和駅)から東和歌山駅(現在の和歌山駅)を経て箕島駅までの開通に伴い、同線の紀三井寺駅(きみいでらえき)として開業。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。