JR豊肥本線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




大分駅  滝尾駅  敷戸駅  大分大学前駅  中判田駅  竹中駅  犬飼駅  菅尾駅  三重町駅  豊後清川駅  緒方駅  朝地駅  豊後竹田駅  玉来駅  豊後荻駅  滝水駅  波野駅  宮地駅  いこいの村駅  阿蘇駅  内牧駅  市ノ川駅  赤水駅  立野駅  瀬田駅  肥後大津駅  原水駅  三里木駅  光の森駅  武蔵塚駅  竜田口駅  東海学園前駅  水前寺駅  新水前寺駅  南熊本駅  平成駅  熊本駅  



Wikipedia引用
豊後荻駅(ぶんごおぎえき)は、大分県竹田市荻町馬場に所在する、九州旅客鉄道(JR九州)豊肥本線の駅。『鉄道要覧』で定義される同線の起点駅・大分から辿った場合、当駅は大分県内最後の駅となる。 2002年3月23日のダイヤ改正で特急列車(九州横断特急)停車駅となった。 1928年(昭和3年)12月2日 - 開業。 1971年(昭和46年)10月1日:貨物取扱廃止 1972年(昭和47年)3月1日:業務委託駅となる。 1984年(昭和59年)11月30日 - 無人化(簡易委託化)。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道が継承。 1990年(平成2年) 7月2日 - 集中豪雨により営業休止。 7月16日 - バスによる代行輸送開始。 1991年(平成3年)10月19日 - 豊肥本線の全線復旧に伴い営業再開。 2012年(平成24年)7月12日 - 九州北部豪雨により営業休止。(当駅からの代行輸送は、8月20日から行われている。) 2013年(平成25年)8月4日 - 豊肥本線の全線復旧に伴い営業再開(代行輸送は前日で終了)。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。