JR豊肥本線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




大分駅  滝尾駅  敷戸駅  大分大学前駅  中判田駅  竹中駅  犬飼駅  菅尾駅  三重町駅  豊後清川駅  緒方駅  朝地駅  豊後竹田駅  玉来駅  豊後荻駅  滝水駅  波野駅  宮地駅  いこいの村駅  阿蘇駅  内牧駅  市ノ川駅  赤水駅  立野駅  瀬田駅  肥後大津駅  原水駅  三里木駅  光の森駅  武蔵塚駅  竜田口駅  東海学園前駅  水前寺駅  新水前寺駅  南熊本駅  平成駅  熊本駅  



Wikipedia引用
敷戸駅(しきどえき)は、大分県大分市大字鴛野(おしの)にある、九州旅客鉄道(JR九州)豊肥本線の駅である。 かつて滝尾駅が開業した際、現在の当駅に近い場所に駅を設ける案もあったが、当時滝尾近辺には工場が密集していたため、現在の滝尾駅の場所に駅ができた。当駅は国鉄時代末期に開業した。大分駅に直通しているためアクセスが良く、当駅の開業により近隣の通勤通学路としての利便性は格段に向上した。当駅は滝尾駅に比べ大幅に利用者が多い。開業当初は無人駅で国鉄OBに名誉駅長を委嘱していたが、その後、臨時に職員が配置されるようになり、さらに正式に有人駅となった。 1987年(昭和62年) 2月22日 - 日本国有鉄道により開設。開業時はホーム長50mで2両編成の列車に対応していた。同日に牧駅も開業している。 4月1日 - 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道が継承。 1991年(平成3年)12月25日 - 乗降客増加のためホーム長を91mに延長し、4両編成対応となる。同時にホーム嵩上げ、および拡幅も行われる。 1995年(平成7年) 2月 - 駅南側に敷戸団地への跨線橋等が完成。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。