JR阪和線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




天王寺駅  美章園駅  南田辺駅  鶴ヶ丘駅  長居駅  我孫子町駅  杉本町駅  浅香駅  堺市駅  三国ヶ丘駅  百舌鳥駅  上野芝駅  津久野駅  鳳駅  富木駅  北信太駅  信太山駅  和泉府中駅  久米田駅  下松駅  東岸和田駅  東貝塚駅  和泉橋本駅  東佐野駅  熊取駅  日根野駅  長滝駅  新家駅  和泉砂川駅  和泉鳥取駅  山中渓駅  紀伊駅  六十谷駅  紀伊中ノ島駅  和歌山駅  東羽衣駅  



Wikipedia引用
美章園駅(びしょうえんえき)は、大阪府大阪市阿倍野区美章園一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)阪和線の駅である。 駅名の由来は、大阪の財界人である山岡美章が大正年間に設立した美章土地株式会社がこの駅の付近の土地を住宅地として開発したことに由来する。ただし、開発したときの美章土地の経営者は大阪商工会議所第8代会頭、大阪商船(現在の商船三井)や日本電力(現在は解散)の社長などを務めた息子の山岡順太郎である。 1931年(昭和6年)6月3日 - 阪和電気鉄道の阪和天王寺駅(現在の天王寺駅) - 南田辺駅間に、停留場として新設。 1940年(昭和15年)12月1日 - 南海鉄道への吸収合併により、同鉄道山手線の停留場となる。 1944年(昭和19年)5月1日 - 戦時買収により国有化され、鉄道省(国鉄)阪和線所属となる。同時に駅に昇格。 1945年(昭和20年)2月14日 - 空襲の被害を受け、営業休止。 1947年(昭和22年)4月15日 - 営業再開。 1958年(昭和33年) - 駅舎改築。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。