JR阪和線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




天王寺駅  美章園駅  南田辺駅  鶴ヶ丘駅  長居駅  我孫子町駅  杉本町駅  浅香駅  堺市駅  三国ヶ丘駅  百舌鳥駅  上野芝駅  津久野駅  鳳駅  富木駅  北信太駅  信太山駅  和泉府中駅  久米田駅  下松駅  東岸和田駅  東貝塚駅  和泉橋本駅  東佐野駅  熊取駅  日根野駅  長滝駅  新家駅  和泉砂川駅  和泉鳥取駅  山中渓駅  紀伊駅  六十谷駅  紀伊中ノ島駅  和歌山駅  東羽衣駅  



Wikipedia引用
紀伊中ノ島駅(きいなかのしまえき)は、和歌山県和歌山市中之島にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)阪和線の駅である。 大阪と和歌山を高速に結ぶことを目的として建設された阪和電気鉄道の中間駅として1932年(昭和7年)1月1日に開業した。当初から築堤上にある駅で、この駅のすぐそばで既存の鉄道省(国有鉄道)和歌山線の線路を乗り越えていた。この当時、国鉄和歌山線は東側の田井ノ瀬駅からまっすぐ西へ向かい和歌山駅(現在の紀和駅)へと通じていた。 その後、双方の連絡を行うために1935年(昭和10年)1月1日に両者の交点付近に国鉄が紀伊中ノ島駅を開業させ、同時に阪和電気鉄道の駅は102 m南の交点付近へ移転した。この時に国鉄が建設した駅舎が現存する駅舎で、またこの時に阪和電気鉄道が建設したホームが現存するホームである。この時から阪和電気鉄道側では特急も止まるようになった。国鉄・阪和電気鉄道がそれぞれ駅舎を設けていたが、1936年(昭和11年)9月25日に阪和電気鉄道の駅名を国鉄に合わせて紀伊中ノ島と改称するとともに、阪和電気鉄道側の駅舎は撤去され、駅を共同使用するようになった。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。