ネイルサロンの検索サイトです。

下記、ボックスより、「大エリア」「中エリア」「小エリア」を選択し、検索ボタンを押します。

ネイルサロンの一覧が表示されます。

「サロンの詳細」リンクで、詳細なサロン情報が表示されます。
サロンの詳細情報として、
サロンの基本情報、雰囲気、特徴、場所(マップ)を表示します。


大エリア: 中エリア: 小エリア:


クイックリンク

関東
 新宿・高田馬場・下北沢池袋恵比寿・代官山・中目黒・六本木渋谷・青山・表参道・原宿自由が丘・学芸大学・三軒茶屋・二子玉川銀座・有楽町・新橋・丸の内・日本橋<上野・神田・秋葉原・錦糸町品川・田町・浜松町・目黒・蒲田中野・高円寺・阿佐ヶ谷吉祥寺・荻窪・西荻窪・三鷹八王子・立川・国立・多摩・日野町田・相模原・厚木・大和大宮・浦和・川口千葉船橋・津田沼・本八幡・浦安・市川<柏・松戸横浜川崎・鶴見湘南宇都宮
関西
 大阪キタ大阪ミナミ茨木・高槻京都神戸姫路・加古川
東海
 名古屋岐阜静岡浜松
北海道
 札幌旭川
東北
 仙台郡山
中国
 広島岡山・倉敷
九州
 福岡北九州鹿児島長崎熊本
北信越
 新潟長岡金沢
四国
 松山高松・丸亀

ネイルアート (英語: Nail art) とは、手足の爪に施す化粧や装飾のことである。ネイルアートを施してくれる店をネイルサロン、その技術者を日本では一般的にネイリストという。 さまざまなネイルアート用品が市販されており、プロに限らず、自身の爪を飾る創作作業を楽しむために、ネイルアートを行う人も多くなっている(施術の比較的容易なジェルネイルを自分で行うセルフジェルが2008頃から流行し始めた。) ネイルアートの歴史 紀元前3000〜4000年ごろの古代エジプトには、すでに爪に着色をする文化があったことがミイラなどで確認できる。 ヘナなどの植物性の染料を用い、位の高い人間ほど濃い色で着彩されていたとみられる。 18世紀頃のヨーロッパで現在のようなネイルアートが広まったとされている。 中国では唐の時代に楊貴妃が爪に染色を行っていた。日本には平安時代に伝来し、ホウセンカやベニバナの花の汁を用いて爪に色をつけていた。江戸時代には遊女が行っていた事が知られている。 イギリスやアメリカでは、19世紀から20世紀初頭までは、女性は爪を塗ることよりも磨くことを追求していた。
サロン(仏: salon、英: salon)とは、もともと応接室などの部屋を意味する言葉である。 応接間、談話室など。 フランス語で宮廷や貴族の邸宅を舞台にした社交界をサロンと呼んだ。主人が、文化人、学者、作家らを招いて、知的な会話を楽しんだ。(この項目で詳説) (フランスで)展覧会のこと。元々ルーヴル宮殿の大サロンで開催されていた芸術アカデミー主催の美術展(サロン・ド・パリ、官展)を指した。ディドロの「サロン評」は美術評論の始まりといわれる。 文化史上に見られる文化人相互の交流の場を称して「~サロン」と呼ぶことがある。(例:木村蒹葭堂のサロン、後水尾院のサロンなど) サービスを提供する店の名前に使用されることがある。(例:ネイルサロン、日焼けサロン、ビューティーサロン、ヘアサロン、エステティックサロンなど) 2ちゃんねるなどでは、各カテゴリの雑談系の板を「~サロン」と名づけている。サロン(仏: salon) フランス語で宮廷や貴族の邸宅を舞台にした社交界をサロンと呼んだ。主人(女主人である場合も多い)が、文化人、学者、作家らを招いて、知的な会話を楽しむ場であった。
E-Mail 
ホットペッパーBeauty Webサービス
SimpleAPI vol.3 - Wikipedia API
Copyright (C) 総合サイトCocoaLiz All Rights Reserved.
xml