メニュー

XMLHttpRequest
PHPの読み出し
XMLファイルの読み込み
JSON形式のファイル読み込み

jQuery Ver1.2.3
まずは利用してみる
クリックイベント処理
マウスオーバー・アウト処理
スタイルシートを扱う
スライドアップ・ダウン
フェードイン・アウト
クリックにより処理をON/OFF
アニメーション処理
配列のループ
trim処理
オブジェクトの位置を取得

jQuery プラグイン
EasyDrag(ドラッグ&ドロップ)

Prototype Ver1.6.0.2
まずは利用してみる
表示・非表示(show/hide)
イベント追加(observe)
クラス作成
eachでループ処理
エレメントの生成と削除
フォームの値を取得
prototype フォームの有効化・無効化
フィールドのテキストの値選択
Event.observe

Googleマップ API v2
Googleマップを表示
マーカーを表示
マーカーの削除
縮尺変更、移動コントロール追加
地図、航空写真の切り替え
吹き出しを追加
周辺地図を表示
クリックイベント追加
マウスオーバー、マウスアウトイベント追加
住所から位置を表示
マップ上に線を引く
ログウィンドウ表示
GXmlHttpとGXmlでのパース処理
タブウィンドウ表示
オーバープレビュー
マップの移動
kmlファイル読み込み
二点間の距離
イベントを発生させる

JavaScript
配列の作成
時計を表示
Divタグを表示・非表示
各種ダイアログを表示
フェードイン・フェードアウト
正規表現によるチェック
マウスの位置を取得
セレクトボックに項目を追加
クラスを作成
innerHTML
appendChild(子要素追加)
エラー処理
JavaScript 繰り返し

トップ
E-Mail
xml

ASP.Netのお勉強
VB.Netのお勉強
Excel マクロ・VBAのお勉強
ASP.Netで掲示板を作成しよう
PHPのお勉強
Webデザインのお勉強
Javaのお勉強
連想書籍検索
世界の観光地検索
路線図
総合サイトCocoaLiz
ネイルサロン検索
エステサロン検索
アロマサロン検索
アイビューティーサロン検索

時計を表示(JavaScript)@AJAX

JavaScriptで時計を表示します。

時計を表示するメソッドを作成します。
時刻は、Dateで取得できるので、Dateを生成します。

Dateを文字列に置換します。
toLocaleStringを利用します。
ローカル時刻の文字列に変換してくれます。
変換した文字列を、表示します。

再度、インターバルを設けて時計を表示するメソッドを呼び出します。

あとは、ロード時に作成したメソッドを実行するように設定します。
(bodyタグの、onLoad)


<html>
<head>
<title>JavaScript 時計</title>
<script type="text/javascript">
<!--

function dispWatch(){

    //Dateを生成
    var sysDate = new Date();

    //ローカル時刻の文字列に変換
    var sysDateStr = sysDate.toLocaleString();

    //DIVタグに表示
    document.getElementById("dispDiv").innerHTML = sysDateStr;

    //インターバル(1000ms)を設定して、再度dispWatchを呼び出す
    setTimeout("dispWatch()", 1000);
}

// -->
</script>
</head>

<!-- ロード時に、dispWatchを実行 -->
<body onLoad="dispWatch()">

<!-- 時計を表示する領域 -->
<div id="dispDiv">
</div>

</body>
</html>



Copyright (C) 2008 AJAXのお勉強. All Rights Reserved.