ASP.Net 2.0 メニュー

ページロード
ポストバック
入力チェック
ボタン実行時の処理
WebConfigの値を取得
正規表現によるチェック
ポップアップで画面を開く

コントロール関連
TextBox
TextChangedイベント処理
ドロップダウンリスト
カレンダー
HyperLink
MultiView
PropertyとListBox
DropDownListの選択毎に別なDropDownListの項目を変更
CheckBoxListのバインド時にチェック
DetailsView
asp:xmlコントロール

DataList関連
DataList
DataListのページング
DataListで選択、DetailsViewで表示

GridView関連
GridViewとXML
GridViewにボタンを追加
GridViewとSqlDataSource
SqlDataSourceに条件検索を追加
GridViewのDataSourceに配置
GridViewのDataSourceとページング
GridViewとObjectDataSource
GridViewにDataListを配置
GridViewにDropDownListを配置
GridViewにDropDownListの選択処理
GridViewに更新ボタン(SqlDataSource)
GridViewでXMLファイル更新
GridViewに行追加(DataTable)

FromView関連
データ表示、更新

SqlDataSource関連
SqlDataSourceでSELECT文発行
SqlDataSourceでINSERT文発行
SqlDataSourceでトランザクション

ファイル関連
ファイルアップロード
XMLファイル読み込み
ファイル読み込み
CSVファイルを読み込みGridViewに表示
xdoc2txtを実行する
iTextSharpでPDFファイル作成
JSON形式に変換
クラスデータをシリアライズ・デシリアライズ
Zipファイル作成
ファイルダウンロード

Excel関連
Excel出力
OLEDBを用いてExcelデータ抽出
OLEDBを用いてExcelにデータを挿入・更新

画面遷移Server.Transfer
セッションの利用
画面遷移の値の受け渡し
フォーム認証
Webアプリケーション全体の共有データ

DB関連
SQLServerに接続
SQLServerでトランザクション処理
ストアドプロシージャの実行
SQL文を非同期で発行
Oracleに接続
MySQLに接続

Ajax
ASP.Net2.0でAjaxを作成する
Timerコントロール

その他
メール送信
スクリプト文の実行
ライブドアのお天気情報を取得
Request送信

トップ
E-Mail
xml

ASP.Netで掲示板を作成しよう
VB.Netのお勉強
Excel マクロ・VBAのお勉強
PHPのお勉強
AJAXのお勉強
Webデザインのお勉強
Javaのお勉強
連想書籍検索
世界の観光地検索
路線図
総合サイトCocoaLiz
ネイルサロン検索
エステサロン検索
アロマサロン検索
アイビューティーサロン検索

XMLファイル読み込み@ASP.Net

XMLファイルを読み込で表示します。
下記は、メッセージが設定されたMessage.xmlを読み込み、
該当するメッセージをラベルに表示しています。

XmlDocumentを利用します。
XmlDocumentのLoadで指定されたパスのXMLファイルを読み込みます。

DocumentElementを取得し、ChildNodesをFor Eachを使用しループさせます。
該当のメッセージがあるならば、メッセージを取得し、処理を中断します。

●aspx

<asp:Button ID="Button1" runat="server" Text="Button" /><br />
<asp:Label ID="Label1" runat="server" Text="Label"></asp:Label>


●vb

Imports System.Xml
Imports System.Configuratio

Partial Class Default3
    Inherits System.Web.UI.Page

    Protected Sub Button1_Click(ByVal sender As Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
        '画面に表示
        Me.Label1.Text = Me.GetMessage("1")
    End Sub

    'メッセージが設定されているXMLファイルを取得
    Public Function GetMessage(ByVal no As String) As String

        Dim xmlFilePath As String

        Dim xmlDoc As XmlDocument
        Dim xmlElement As XmlElement
        Dim msgElement As XmlElement

        Dim noStr As String
        Dim returnMsg As String = ""

        'XMLファイルのパスをweb.configから取得
        xmlFilePath = System.Configuration.ConfigurationManager.AppSettings("Message")

        'XMLファイル読み込み
        xmlDoc = New XmlDocument()
        xmlDoc.Load(xmlFilePath)

        '引数のNOに該当するメッセージを取得
        xmlElement = xmlDoc.DocumentElement
        For Each msgElement In xmlElement.ChildNodes

            noStr = msgElement.GetAttribute("no")
            If noStr = no Then
                returnMsg = msgElement.InnerText
                Exit For
            End If
        Next

        Return returnMsg
    End Function
End Class


●Message.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<messages>
<message no="1">メッセージ</message>
</messages>


●web.config

<appSettings>
<add key="Message" value="C:\Message.xml" />
</appSettings>




Copyright (C) ASP.Netのお勉強. All Rights Reserved.