メニュー 表示 非表示

例外処理@PHP

例外処理です。
PHP5から、利用できます。

例外は、ファイルを読み込んだ時に、ファイルがない場合などに発生します。

tryの中に、例外が発生する可能性がある構文を書きます。
catchにて、発生した例外をキャッチし、例外時の処理を行います。

ただし、PHPでは、例外を自分でスローしなければいけません。
tryの中で、自分で判定を行い例外をスローすることになります。


<?php
try {

    print "ファイルの存在チェック開始<BR>";

    if (!file_exists($filename)) {
        //ファイルが存在しない場合、例外をスローする。
        throw new Exception("File Not Found Exception");
    }
    
    print "ファイルの存在チェック終了<BR>";
    
} catch (Exception $ex) {
    //例外をキャッチして、メッセージを表示する。
    print $ex->getMessage();
}
?>


Copyright (C) PHPのお勉強. All Rights Reserved.