メニュー 表示 非表示

Smartyを利用する@PHP

通常では、PHPはHTMLに直接スクリプトを書く形式となります。

Smartyを利用すると、スクリプトで画面のテンプレートを読み込み、
画面を表示します。

画面とコードを分離する形がとれます。
Webデザイナーが画面テンプレートを修正し、
プログラマーがコードを修正するという形で分離が行えます。

Smartyは、http://www.smarty.net/download.phpで入手できます。

以下では、test.phpにて、Smartyを生成し、
変数に値を格納して、テンプレートファイルを読み込み画面に表示してます。

テンプレートでは、変数を表示するようにしています。

test.php

<?php

//Smartyライブラリ
require '../libs/Smarty.class.php';

//生成
$smarty = new Smarty;

//変数「str」に、文字列「Helo World!!」を格納
$smarty->assign("str", "Hello World!!");

//テンプレート「test.tbl」を呼び出して表示
$smarty->display('test.tpl');

?>


test.tbl

<html>
<head>
</head>

<body>

{$str}

</body>
</html>


Copyright (C) PHPのお勉強. All Rights Reserved.