メニュー 表示 非表示

セッション管理@PHP

セッション管理です。
セッション変数に値を保持することが可能です。
ユーザ毎のIDをもとに、ユーザとのやり取りを、サーバに記録することが可能です。

ログイン情報をセッションに格納したり、
ユーザが登録した商品情報をセッションに登録したりします。
画面間の遷移における、データのやり取りが管理できます。

第三者にセッション情報を盗まれる危険性があるので、
SSLの利用等をする必要があります。


index.html
商品登録画面です。

<html>
<head>
<title>商品登録</title>
</head>
<body>

<form method="post" action="syo.php">
    <input type="text" name="syoNmTxt">
    <input type="submit" value="登録">
</form>

</body>
</html>


syo.php
商品情報をセッションに格納します。

<?php
//セッションスタート
session_start();
?>
<html>
<head>
<title>商品登録</title>
</head>
<body>

<?php

//syoNmでセッションに値を格納
$syouhin = $_POST["syoNmTxt"];
$_SESSION["syoNm"] = $syouhin;

print $syouhin ."を登録しました。<BR>";

?>
<a href="./chkSyo.php">登録商品の確認</a>
</body>
</html>


chkSyo.php
登録した商品を確認する画面です。
セッションから商品情報を取得します。

<?php
//セッションスタート
session_start();
?>
<html>
<head>
<title>登録商品チェック</title>
</head>
<body>

<?php

print $_SESSION["syoNm"] . "が登録されています。<br>";

?>

<a href="./index.html">戻る</a>

</body>
</html>


Copyright (C) PHPのお勉強. All Rights Reserved.