メニュー 表示 非表示

SQLiteに接続@PHP

SQLiteに接続し、テーブルを作成。
insert文とselect文を発行します。

extension=php_pdo.dll
extension=php_pdo_sqlite.dll
extension=php_sqlite.dll

をphp.iniに記述します。
PHP 5.1.0以降は、PDOが必要です。

sqlite_openでDBファイルを指定して開きます。
ファイルがなければ作成されます。

sqlite_queryでSQL文を発行できます。
テーブルを作成し、データを挿入します。

sqlite_unbuffered_queryでselect文を発行します。
結果をループして表示します。

unable to open a temporary database file for storing temporary tables
winndows環境で、上記のエラーが表示されたので、
putenv("TMP=C:/temp");でテンポラリフォルダを指定しています。



<?php

//テンポラリフォルダ設定
putenv("TMP=C:/temp");

//オープン
if ($db = sqlite_open("test.db",0666,$sqliteerror)) {

    //テーブル作成
    sqlite_query($db, "create table user(id integer primary key,name text);");
    
    //INSERT文
    $sql = "insert into user values(NULL, '名前')";
    
    //SQL文発行
    $res = sqlite_query($db, $sql);
    
    //SELECT文
    $sql = "select * from user order by id desc limit 20";
    
    //SQL文発行
    $res = sqlite_unbuffered_query($db, $sql);
    
    //結果を表示
    while ($item = sqlite_fetch_array($res, SQLITE_ASSOC)) {
        print "ID:" .$item["id"] ."NAME:" .$item["name"];
        print "<BR>";
    };
    
    //クローズ
    sqlite_close($db);
    
} else {
    print $sqliteerror;
}

?>


Copyright (C) PHPのお勉強. All Rights Reserved.