メニュー 表示 非表示

シートの存在チェック@Excel マクロ・VBA

シートの存在チェックです。

所定のシートを選択して何かしら処理を行うことが多いかと思いますが、、
その際に、シートの存在チェックを入れとけば、
処理の中断やデバック等が楽になります。

以下では、シートの存在チェックを行うメソッドを作成しています。
引数はシート名で、存在する場合はTrueを返します。

For Eachでブックのシートをループし、
引数のシート名が存在するかチェックします。

※ チェックをする時に、シート名を小文字に変換しています。
 これは、処理を増やしたいから追加しただけです。




Sub test()
    If chkSheetName("Sheet1") Then
        MsgBox ("存在します")
    Else
        MsgBox ("存在しません")
    End If
End Sub

Function chkSheetName(sheetName) As Boolean

    Dim tempSheet As Object

    chkSheetName = False

    For Each tempSheet In Sheets
        If LCase(sheetName) = LCase(tempSheet.Name) Then
            chkSheetName = True
            Exit For
        End If
    Next

End Function





Copyright (C) Excelマクロ・VBAのお勉強. All Rights Reserved.