メニュー 表示 非表示

エラーを無視する@Excel マクロ・VBA

ExcelVBAにて、エラーを無視する方法です。

On Error Resume Nextステートメントを記述することで可能になります。
エラーの発生した行を無視して、次の行に移ります。

また、On Error Goto エラーにて、エラー処理を記述するところで、
Resume Nextを記述することで、
エラーの発生した行の次の行に移ることが可能です。



Sub test()

    Dim i As Integer

    On Error Resume Next

    '0で除算により、エラーを発生
    i = 1 / 0

    MsgBox ("Test")

End Sub

Sub test2()

    Dim i As Integer

    On Error GoTo Err

    '0で除算により、エラーを発生
    i = 1 / 0

    MsgBox ("Test")

Err:
    Resume Next
End Sub




Copyright (C) Excelマクロ・VBAのお勉強. All Rights Reserved.