メニュー 表示 非表示

名前の定義を利用@Excel マクロ・VBA

マクロで名前の定義を利用します。

Namesプロパティを用いて、名前を追加します。
以下では、セルA1に"名前A"として名前の定義をしています。

定義をしたら、"名前A"を用いて処理を行います。

使いこなせば、便利でしょうね。



Sub test()

    'セルA1に値を設定
    Range("A1").Value = "A1"

    'セルA1に名前を定義(「名前A」とする)
    Worksheets("Sheet1").Names.Add Name:="名前A", RefersTo:=Range("A1")

    '「名前A」を用いて値を取得
    MsgBox Range("名前A").Value

    'セルB1に数式セット
    '数式:「=A1」を名前の定義を用いてセットする(=名前A)
    Range("B1").Formula = "=名前A"

End Sub




Copyright (C) Excelマクロ・VBAのお勉強. All Rights Reserved.