メニュー 表示 非表示

Basp21でバイナリファイルの入出力@Excel マクロ・VBA

Basp21を利用して、バイナリファイルの入出力を行います。

Basp21を参照設定して、生成します。
もしくは、CreateObjectを使用します。

BinaryReadメソッドをファイルを指定して実行します。
結果は、Byteの配列で受け取ることができます。

取得したByte配列を書き込みします。
BinaryWriteでByte配列とファイル名を指定して実行します。



Sub test()

Dim basp As Basp21
Dim bt() As Byte

On Error GoTo Err

'Basp21生成
Set basp = New Basp21

'バイト配列に格納
bt = basp.BinaryRead("C:\in.jpg")

'バイト配列を書き込み
basp.BinaryWrite bt, "C:\out.jpg"


Set basp = Nothing
Exit Sub

Err:
Set basp = Nothing
MsgBox (Err.Description)




Copyright (C) Excelマクロ・VBAのお勉強. All Rights Reserved.