メニュー 表示 非表示

条件判断@Excel マクロ・VBA

条件判断により、処理を分岐します。
プログラミングでは、よく行う処理です。

条件判断には、IFかSelect Caseを使用します。
以下が、サンプルとなります。



Dim i As Integer

i = 1

'IF文
If i = 1 Then
MsgBox ("iは、1です。")
Else
MsgBox ("iは、1ではないです。 ")
End If

'SELECT CASE文
Select Case i
Case 1
MsgBox ("iは、1です。")
Case 2
MsgBox ("iは、2です。")
Case Else
MsgBox ("iは、それ以外です。")
End Select

End Sub




Copyright (C) Excelマクロ・VBAのお勉強. All Rights Reserved.